長崎県大村市観光情報サイト

長崎観光・佐世保観光の途中に「よって行かんねおおむら」

≫サイトマップ

お問い合わせはこちら

 伝統工芸品

伝統工芸品

松原包丁・松原鎌

 文明6年(1474)、 この地に落ちた平家一族の刀匠の子孫が、農民たちの注文で造ったのが始まりの松原鎌。八幡神社の境内で刀鍛冶をはじめたと言われています。
以来500年、両刀の黒打ちや、磨きをかけない地のままの色など珍しい特徴をもつ伝統の技法が産む、抜群の切れ味と頑丈さで愛用され、鎌をはじめ、鍬、なた、包丁として暮らしの中に生きています。

 

三彩焼

 江戸時代、大村藩領内の「長与(ながよ)村」で生まれた磁器「長与三彩」。
窯の中で溶け流れる釉薬の彩りが特徴的な、美しい伝統工芸品です。流れるような色合いは、2つと同じものはありません。
1950年、"幻"とまで言われた長与三彩が復元され、現在では大村市の三彩の里で「長崎三彩」として、緑、黄、藍、茶などの鮮やかな色彩で作られ続けています。

 

 

 

店舗一覧

刃物 包丁・鎌
田中鎌工業
TEL:0957-55-8551

陶磁器 長崎三彩焼
社会福祉法人 三彩の里
TEL:0957-55-8833

陶器・器
社会福祉法人 常明園
TEL:0957-47-1311

木・竹工芸品
松尾商店
TEL:0956-31-5263

真珠・額
大村パールハイム
TEL:0957-53-6709

 

 

大村市のお天気